スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玄人と初心者の軋轢
前回はどうでもいいことを書いた気がするが
今回は前回の逆の話


新たな層へ間口を広げる、というのはなかなか難しい
呼び込むだけなら対して難しくないのだけど、定着させるとなると非常に時間が掛かる

だから作り手も色々な工夫をするわけで
大ボリュームのチュートリアルであったり、段階的に挑戦できるチャレンジであったりするわけです

ユーザーも例外でなく
個別のウィキペディアだとか、イベントだとか

もちろんそれが的外れなものだったりすることもあるけれど

なにが言いたいか、説明書くらいちゃんと読めと
読まないのがトレンドだと思ってるのだろうか

初心者にWikiを読めだの、リプレイを見て研究しろとは言わないが
せめて説明書くらいは目を通して欲しい
最近に限らず、そういう人をよく見かけるようになった

難しいゲームを、探すほうが難しい
それくらい作り手もユーザーも頑張ってるわけです

それを、自分の責任じゃないと逃げるのは卑怯じゃないか
我を通すのであれば、指摘されるて然るべきじゃないのか


どうでもいいことを2日に渡って書いたけど
昔の自分や、今の自分に言いたかったことでもある

楽しければそれでいいと思うけどね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。